無職期間

出来る限り無職の期間を短くすることが転職を成功させるポイントなんです

今では一つの会社に定年まで勤め上げるという観念よりも転職してスキルアップなど良い印象をもたらす事が増えてきましたが、やはり、第二新卒の立場になる場合には企業の面接官からは厳しい目で見られる事も良くあります。

即戦力や少なからず社会経験を積んでいると前向きな印象を持たれる反面、企業をすぐに辞めてしまう人などのレッテルを貼られる事もよくあり、第二新卒の転職ではイメージダウンにならないように前職がある強みを活かして臨みたいところです。

面接官が気にするポイント

第二新卒の求人で転職を目指す人は出来る限り有利にして臨みたいところですが、特に面接官が気になるポイントと言えば、学校を卒業してから就職するまでの間、もしくは前職を辞めてその間何をしていたのかという事です。

よく無職期間が長いと転職に不利になるという事を耳にしますが、まさに面接官が気にする部分であり、資格取得や留学、病気など、目的や理由がはっきりしていれば納得いきます。

しかし、少し充電期間が必要と何カ月も休んでいていざ転職活動をとなるとまず頭が仕事モードから遠ざかっている事や仕事に対しての意欲が疑われる事もあります。

すでに第二新卒のすぐに辞めてしまう人のレッテルを持っている企業では特に無職期間には注意が必要でしょう。

この他にもその間に転職活動で頑張っていたけど、何社か落ちて結局無職期間が長くしまっているという事も要注意です。

面接官は他の企業でも落ちるのであれば何かこの人に気になる部分があるからと偏見を持たれる事も少なからずあるでしょう。

第二新卒の求人で転職する人は無職期間を無くす、もしくは長くしない事を意識して就職活動をすると良いでしょう。

その為には現職中に次の職場を見つける事、すでに退職してしまった後は無職期間をどう過ごすかで採用にも左右されるので転職活動と並行して資格取得など有意義に過ごす事です。

時にはハローワークの相談など、第三者の人からアドバイスを貰うなどして独りよがりにならずに積極的に行動したいところです。

-無職期間
-, , , ,